元キャバ嬢の男を手玉にとる方法

幸せな恋愛のための指南書?!♡

キャバクラで自分を消費しない働き方

キャバ嬢というのはお客様に楽しい時間を提供するという素敵な仕事です。
頑張ればお給料だって、普通の女の子が手にできない額を稼ぐことだってできる。

でも、むちゃな働き方で自分の心身を削ってしまっている女の子が多いのも現実です。

 

そもそも、商売とはウィンウィンの関係で成り立つものです。
あなたもうれしく、お客さんもうれしい。
そんな風に仕事ができたら、もっと楽しく稼げると思いませんか?

キャバクラ嬢は精神的に負担の大きい職業だからこそ、
今の働き方が苦しい、と悩んでる方に少しでも参考になればと思います。

 

 

あなたは売上のためにどこまでできますか?

それはその人によってちがうと思います。
キャバクラは営業時間外の営業も大切とされていますが、
無理な営業をして、それで心を削ってしまうと仕事が嫌になってしまいます。

 

少し嫌な思いしても、結果お金に反映すればよし!という人もいます。
そういう人はそれで満足しているから、もちろんOKだと思います。

 

でも、こんなに頑張ってるのに…とか、労力と対価が見合わない、と思うのなら、努力の方向を変えてみてください。

 

まず、売上のために自分はどこまでの営業行為ができるのか考えてみましょう。

そして自分ができることとできないことのライン線引きをしてください。


できることは、自分がしてもいいこと。
できないことは、自分がしたくないこと。

ただそれだけです。

 

メール・電話はOK。でも店外デートはしない。とか、
同伴はOK。でもアフターはしない。とか。

 

線引きをしたら、しない、と決めたことはしなくていい。
でも、そのかわり他にあなたのできることを精いっぱい頑張るようにしてください。

したくないことをするのに使った努力を、できることに集中させるのです。


はじめはお客さんが離れたり、うまく新しいお客さんがつかないかもしれません。
でも、続けていけばお客さんの層が変わってきます。

店外を誘わないお客さん
アフターを誘わないお客さん

あなたの望んだお客さんになっていきます。


そうすれば今よりずっと楽しく仕事ができるようになります♡

自分を消費する働き方はずっとは続かないものです。

 

それでは、また更新します♡


↓他の恋愛ブログも見れます。是非参考に…↓

にほんブログ村 恋愛ブログへ

広告を非表示にする