元キャバ嬢の男を手玉にとる方法

幸せな恋愛のための指南書?!♡

当てはまってないですか?よくある旦那から妻へのダメだし

こんにちは。『元キャバ嬢の男を手玉にとる方法』です。

結婚したらいつまでもあたたかい家庭を築きたい!と多くの女性が思うものですが、

現実として夫婦仲が冷え切ってしまっている家庭は少なくありません。

 そういった男性から話を聞くと、だいたい声をそろえてこう言います。

「妻をもう女性として見れないんだよね~。」

 

子供を産んでくれて感謝はしてる。人として嫌いではないけどね。とか

昔は綺麗にしてくれたんだけど、今は美容院もいかないんだ。とか…

 

中には、ぐうたらな姿の妻を見たくないから家に帰りたくない、という人もいました。

 

 

こういう意見から見ると、やはり男性は女性に対して『いつまでも綺麗でいてほしい』という気持ちがあるのが分かります。

 

男っていくつになっても男なんですよね。

でも、女は子供を産んだらお母さんになってしまいます。

 

もし、いつまでも素敵な夫婦関係を保ちたいのであれば…

この男性の『綺麗でいてほしい』という気持ちを尊重するべきです。

 

何も美魔女みたいになれ!ということではありません。

できる範囲で自分のことに気を遣えればいいのです。

特にふるまいだったり、姿勢だったり、言葉遣いだったりは意識次第でかえられます。

 

 

そもそも、男性の真意としては、『綺麗でいてほしい』というよりも、

『自分の前で綺麗にしようという気持ちをもってほしい』ということだと思います。

 

夫の前でパンツ丸出しで寝てたり、

全裸でうろつきまわったり、

化粧もせずに出かけたり、

そんなことされたら百年の愛も冷めてしまいます。

 

ずっと気を張って過ごせ!というわけではないですが、親しき中にも礼儀ありという言葉があるように…

相手に対してこういう気遣いを忘れないのが、大人としてのマナーであり、円満な関係を気付く秘訣だと思いますよ♡

にほんブログ村 恋愛ブログへ

広告を非表示にする